MENU

最短即日で借りられるカードローン!うまく利用するコツ

うまく活用するためには

素早い審査で最短即日融資まで可能となったカードローンは、利用にほとんど制限がないので、生活のさまざまな場面で活用することができます。冠婚葬祭の費用、医療費用、レジャーや趣味の費用、ちょっとした生活費など、利用者のニーズに合わせて自由に利用することができます。また、限度額内であれば何度でも利用可能というメリットがあります。

 

しかしメリットにばかり目を止めることは非常に危険です。カードローンをうまく利用するには、CMでもよく聞くように「計画性」が必要不可欠です。また、即日融資といっていてもあくまで「最短」であるという部分に注目しましょう。

 

つまり、申し込めば必ず当日中に振り込んでもらえるわけではないということです。即日融資を受けるのであれば、条件を満たしたうえで審査に臨む必要があります。カードローンを賢く利用するためにも、即日融資に対応している金融機関とその特徴をよく調べるようにしましょう。

 

参照元:今すぐにカードローン審査ガイド

 

カードローンは誰でも利用できる?

カードローンは条件を満たしているのあれば誰でも利用することができます。大抵の場合は満20歳以上で安定した収入があることが最低ラインとなっています。年収の最低値は特に設定していないところもあれば、はっきりと明記されているところもあるので各金融会社のホームページを確認すると良いでしょう。

 

職業形態に制限はなく、正社員だけでなくアルバイトやフリーターでも問題ありません。収入があれば主婦、学生、年金受給者でも利用は可能です。ただ年金受給者の場合は年齢が上限に達していないか気をつける必要があります。大抵の場合65歳から70歳までを対象としている場合が多いのですが、各金融機関によって設定が異なります。また年金以外の収入がない場合の扱いもそれぞれで違うので、電話で問い合わせるなどの確認作業が必要となります。

 

本来であれば収入があることは必須条件ですが、収入のない専業主婦でも借りられるケースがあります。しかし対応している金融機関は多くはなく、限度額も大きくはありません。また、残念ながら収入のない学生が借りられる会社は全くないので、まず仕事を探さなくてはなりません。

 

誰でも気軽の申し込むことはできますが、条件を満たしていても審査に落とされる可能性はあります。審査に不利になるようなことは確実に避け、必要なものは事前に集めておくなど、よく準備してから臨みましょう。

 

即日融資してもらうことでデメリットは発生する?

即日融資もある意味一つのサービスであるため、利用することで他のサービスが利用できないのではないかと不安視する方は少なくありません。確かに、審査結果によっては金利や融資限度額などの設定に影響が出ることがあります。とはいえ、それは即日融資でなくとも起こりえるものなので、大きなデメリットとはならないでしょう。

 

では、それ以外でのデメリットはあるのでしょうか?特にありません。即日融資を受けても、なにかしらのペナルティーを受けたり、特典に制限がついたりするようなことはありません。例えば、申し込んだ金融会社が無利息期間サービスを提供しているなら、それもあわせて利用することができるのです。少額で短期間の利用を考えているなら、是非活用しましょう。

 

また、即日融資ということで何かが付加されるということもありません。例えば、即日融資の審査を受けるからといって、それに手数料や保証料といったものが求められることはありません。申し込みや審査を受ける段階で別途費用が発生することはないので、気軽に申し込むことができます。

 

即日融資を受けることで発生するデメリットは特にないと思って間違いないでしょう。ただし、即日融資を受けるためにはさまざまな条件をクリアする必要があるので、必要な書類を集める、審査に落とされそうな状態でないかなどを確認しておかなくてはなりません。スムーズに即日融資を受けられるように事前の準備はしっかり行ないましょう。

 

返済ができなくなると厳しい取立てにあうの?

今ではそれほど多くはありませんが、ドラマなどで強面の男性が借金の催促に現れるシーンを見ることがあります。乱暴にドアを叩かれ罵声を浴びせられる、脅される、嫌がらせをされる、返済ができなくなるとそのような事態に陥るイメージを持つ方は少なくないようです。昔は実際に行なわれた取り立て方法ではありますが、現在ではそのような取り立てを行うことは法律で禁止されています。よって返済ができなくなっても、家まで誰かが乱暴に押しかけてくるというようなことはありません。

 

返済が遅れると電話で連絡がきます。穏やかに対応してくれるので、心配する必要はありません。連絡が来たら、出来る限り早く支払いを行ないましょう。支払えない理由があるならそれを説明し、いつまでに支払えるかきちんと伝えましょう。また事前に支払えないことが分かっているなら、必ず自分から連絡を取りましょう。そうすることで無用なトラブルを回避することができます。

 

何度も返済が遅れると電話連絡以外にやハガキによる督促状が送られてくるようになります。それすらも無視し続けると担当者が直に訪問するようになります。つまり取り立ててです。しかし、対応は穏やかなものですし、理由があるならきちんと聞いてくれます。また、返済できるようにアドバイスなどをしてくれるので相談してみると良いでしょう。ただここまでの状況になるのはよほどの事なので、そうならないように返済はきちんと行ないましょう。

 

現在の取り立ては昔ほど恐ろしいものではありません。だからといって返済をしないままでいると、取り立てよりもはるかに厳しい措置をとられることがあります。ブラック状態になれば今後ローンを組む必要がでてきても約5年から10年はお金が借りられなくなるなどのデメリットに悩まされることになります。

 

カードローンとキャッシングと違うの?

カードローンは主に銀行で提供されているフリーローン商品の一つですが、銀行と提携しているまたは傘下に入っている消費者金融でも提供されています。キャッシングはお金を借りること全般を指す言葉ですが、昔の消費者金融で提供されている商品のことを主に指していました。現在とは違い、キャッシングは少額融資で一括返済するものであったため、分割で返済していく銀行のローン商品とは区別されていました。現在ではカードローンやキャッシングという名称の違いだけで意味に違いはありません。

 

唯一キャッシングを本来の意味で提供しているのがクレジットカードのキャッシング枠で、カードやランク、利用者本人の信用によって限度額は変わるものの、大抵は少額融資です。返済の仕方はリボルビング払いなども可能としており、昔に比べ柔軟性を持たせてはいるものの基本的には一括返済が求められます。

 

カードローンは会社によって特徴やサービス、メリット、デメリットが違うので、そういった部分での比較をきちんと行なうと良いでしょう。衝動的に借りてしまうと失敗しやすくなり、余計な時間がかかってしまうことも少なくありません。急いでいるときこそ、落ち着いて行動するようにしましょう。